先生たちとも理解し合っていくために

こんにちは
sora no niwa です。


先日、個人懇談がありました。

ときどきお休みする息子さんたち
メインの話題は、やっぱりそこですね。


実はちょっとドキドキしていました。

というのも、
子どもたちを観察していたら

休むときというのも
子どもたちの感覚を信じて大丈夫そう。


新月満月の前後だったり
土用期間だったり

なんでかわからなかったけれど、あとあと調べると、変化の時期だったみたいなことが多く。


それに加えて、やることが多かったり、自由に動けない時間が多いのも、苦手のようで。
(私も同じなのでよくわかる。いや、私を映し出しているのだろうか。笑
わからないけれど)


友だちも好き、先生も好きなんだけど

この「なんとなく休みたい」を
わかってもらえるのだろうか…というところでした。



元々、息子たちが通っている学校の先生たちは、校長先生をはじめ、子どもたちのために、とても考えてくださるのですが

最近、理由をすごく聞かれたり、心配されたり、途中からでも来られるように提案されている気がしていて。

やっぱり感覚的なことを理解されるのは、むずかしいのかなと思っていたんですね。


ただ、実はその、理解されるのがむずかしいかもと思っていたとき

「何か理由を言わないといけないかな」

「休みがちになるとあんまり。。という目で見られるのかな」

「前は途中からでも行けたのにな」と

私が思っていて。



自分がそう思っていたことを認めていっての懇談では、先生たちの反応が違ったんです。


とても理解してくれていて

子どもたちは切り替わるようだし、深い理由がなさそうであれば、なんか休みたいみたい。で、大丈夫ですよ。と

全然受け入れてくれていました。


公立の学校だと
わかってもらえないかもしれない。。

という思い込みが
目の前に出てきていたんだなと。


自分がクリアしている内容だと、ちがう価値観のお話になっても、普通に聞けたり、気にならなくて。


目の前の人は、自分の鏡ですね。

自分の内面が作っていることを認めると、現実が変わっていきます。

自分が作り出していることを、忘れておりました。笑



密かな夢だった

自由に登校できて
自分でやりたいことを決められる

そんな学校があったらいいな。って思っていたけれど

実はすでに、ちょっと達成されていました。


まわりの目より
自分の意思

こうでなければいけないより
こうしたい

理由より
感覚

自分の気持ちを、正直に確認する


ここを貫けば貫くほど

相手にわかってもらおうとしなくても
理解し合えるようになっていく

そんなふうに思うんです。



個別の相談

託児と学童

しています。