「風の時代」の子育て

こんにちは。
sora no niwa .. です。


風の時代。

最近よく聞く、風の時代。

いや、初耳でも
「なんか時代が変わってきてる」って感じるかもしれない。

時代どうのじゃなくても、
「なんか変だよ、子育てが。」って思うかもしれません。


・息抜きできないと、イラッとしちゃうな。
 こんなにイラッとする性格じゃなかったのにな。

・この本(人)のとおりに関わりたいのに、なんかできない。

・今までうまくいっていた方法が、なんかうまくいかない。

・子どもが学校や保育園・ようちえんに行きたがらない&行かなくなった。とか。


枠外・想定外・子どもたちの意思がハッキリしすぎてる。笑


「時代が変わる」ということは、常識もどんどん変わってきまして。



まとめると、こんな感じ。


あとは、こんな感じとか。



ほかにもいろいろで、

モノ、学歴とか、名誉、地位、お金などの
「目に見えるもの」に価値がある感じだったけど、

情報、人脈、センス、オリジナリティなど
「目に見えないもの」に、ますます価値が置かれるように。



個性を出したり(変わり者バンザイ)
自分に正直だったり、本当の気持ちに気づいていくことが、時代に合った生き方になります。



子どもたちは、これからのあたらしい時代の感覚で生まれてきている子が多い。

時代の追い風もあってか、さらに本領発揮。笑

わたしたち親世代は、がっつり前の時代の価値観で育ってきたので、

そのままでいくか、あたらしい価値観に変えていくかの、攻防戦がはじまるワケです!



「うーん、、、、」ってなるときこそ、

本来の自分のペースを思い出したり、気づきがあったり、成長、ラクになるために起こっていると思うと、ありがたく。


その最中は「ぎゃー」「もー」「ドヒャー」ってことも、あるかもだけど。



あたらしい時代の生き方にシフトすればするほど

子どもとの関わりが、心地よいものになっていくんだと思います。


わたしも、1つずつ外しながら。



風の時代。

対等で、コミュニケーションして、

喜怒哀楽すら、楽しむ時代♪