行きしぶりや不登校について

もう冬休みになったところも多いと思うのですが、まとめておきたいなと思います。


全く行けない、週に〇回なら行ける、時期によってムラがあるとか、毎日行くのがむずかしい子が増えている、行きしぶりや不登校。

「これがイヤ」「体調が悪い」という言葉どおりに受け取ったほうがいいときもあるけれど

学校好きそうなのになんで?っていう子がいたり、本人も「なんとなく」でわからなかったり。


これ、今後ますます増えると言われているのですが、それは風の時代の影響なのかもしれません。

今までの価値観と、これからの価値観を簡単に。「風の時代」の子育て



「なんとなく」っていうのは

本来の自分のペースに合っていないのかもしれないし

まわりや社会の空気、世の中の流れを察知しやすいのかもしれないし

大人の価値観を変えるお手伝いをしているかもしれないし

これは本人でないとわからないですし、本人すらわからないのかもしれませんが。


いずれにしても、普通がなくなってきて、みんなそれぞれの選択にまかせられる時代になっていく。それを実践しているのかもしれません。



指示を聞いて行動するのが向いている子、自分のペースで動くほうが向いている子、そのどっちもな子

大人でいえば、会社員やで働くほうが向いている人、フリーランスのほうが向いている人と、その両方をしている人

みんな違っていいのだと思うのですが、向いていないことがあったとして、それを全くしなくていいのか。というのは正直わかりません。


合っていないことをするから自分の向いていることがわかるし、本当はイヤなわけでなくて怖いという場合もあるし、
自分とはちがう意見を聞くから広がることもある。



子どもたちの言葉どおりに聞くのがいいのか、背中を押したほうがいいのか

私もいろんな人と確認しながら、そのときそのときで、子どもの様子を見ながら聞きながら、関わって関わって、確認する日々ではあるけれど

最終的には、子どもたちの選択を応援することが、自分のできることなんだろうと思っています。


というのも、「自分の感覚を大事にするほうが楽しくなる時代になる」と知ってから、もうだいぶ経つんですけど

子どものときの「まわりの言うことを聞く」「こうでなければならない」とか「何かして評価される」から抜けていくって、私はかなーり時間がかかった。


家では、親に対して納得いかないことは全然聞いていなかったけれど、それでも。


こんなにも、この意識を変えるのって時間がかかるんだなと思うと

子どもたちには、できるだけこの切り替え期間を、本来自分が乗り越える必要な分だけにして、あとは、才能を開花できるほうに回せたらいいなって思うんですね。


自分で決めた経験って、うまくいこうがいかなくても、とても財産になるので。





来年のクリスマスプレゼントは、これがほしいらしい。笑




さて、もう年末ですが、久しぶりにお母さんまたは親子さんがご利用できる機会を、予約制で開いています。


こひろば
12/27・28・29
13:30〜16:30のあいだ

託児と学童
12/29まで 
9:00〜17:00のあいだ

個別の相談
日にちはご相談ください。
対面、オンラインどちらも可能です。


LINEアカウント
https://lin.ee/K8OxNj3
またはお問合せメールより、お問合せくださいね。



いつもありがとうございます。


sora no niwa