わたしと小鳥と娘と。

こんにちは。
sora no niwa まゆです。



娘が生まれてから、自由な時間がなくなったような気がしていました。


娘によく呼ばれる。

離れると、大声で叫ばれる。

おんぶしながら家事をしようものなら、「いまはそれじゃない」とイヤがられる。笑

昼寝は、結構すぐに起きる。。
いや、私がやりたいことがありすぎるのでしょうか。笑

長男のときは、YouTubeやテレビをあんまり…なんて思っていたのに、
娘にはむしろ「観てください」とするのだけれども、ずっと観るわけでもなく。

家族もみてくれるときはあるんだけど、「私(母)がいい」というときが多く。


息子たちは、あちこち行っていたけれど、自分であそぶ子たちだったので、やっぱり自由がなくなっているような感じがしていました。



ふと、どうしたらいいかわからないときは、「ぼーっとすればいい」ということを思い出し、

娘に呼ばれるということは、それだけやっていることが多いのか

頭をフル回転させすぎていたり、いろいろ動いていたり。


無理をしているつもりはなかったんだけど、本来のペースより、やりすぎていることがあるんだな、、

思っている以上に、空白の時間が必要なことに気づかされます。



「私がみなくちゃ」「手伝ってもらえないときは、私がやらなくちゃ」「あれしなくちゃ」「時間が足りない」

そんなことを、頭の中で思い描いていたことにも。



あきらめて、「娘が呼ぶときは、頭を空っぽにしたほうがいい時間」「癒しが必要なとき」と腹をくくると、そのうちボーナスチャンスがやってくることがあって


「やらなくちゃ」と言っていることは、今やらなくてもいいことだった

あっ、がんばらない方がうまくいくんだった

頭を使いすぎないほうがいいんだった

に戻ってきます。



「瞑想がいい」ってよく聞くけれど、それと同じように

娘はそんな、本来のわたしのバランスを思い出させてくれる存在で。


いや、息子たちが小さいときだって、

外にずっと出ていて、全然帰らなくて、あまり何もできずだったけれど
頭を使うこと、動きすぎることを、おさえてくれていたのでした。


子どもたちの行動は、母をより自由に、自然体になるようにしてくれているのかもしれません。



わたしと、小鳥と、娘と。

小鳥は、娘の食べこぼしを、食べてくれていて、掃除を少しラクにしてくれるお方。笑




個別の相談

託児と学童

しています。



いつもありがとうございます。