尽くすのが好きでも、まずは自分

自分を大切にすればするほど、うまくいく。まわりも幸せになる。

こういう話を聞いてから、本心に従うことを意識しています。


これ、本当にそうなのですが、1つだけ難点というか、何度か同じループはまることがありました。


それは「尽くすのがそこまで苦じゃなかったこと」

誰かのために動きたいのもあったし、

自分を出して相手が怒ったり、嫌な顔をしたり、迷惑がかかるくらいなら、自分を抑えたほうがよかったんですよね。


といっても、抑えるという感覚もなくて、まわりの人が落ち着いていれば、それがよかったんです。


本当に無理なときは伝えているから、ストレスがかかっているとも思ってなかったですし。



でも、、、「本当はちょっとモヤっとする」「本当はこうしたい」

そうした小さい声を無視して

「そんなに我慢しているわけじゃないし」「恵まれてるし」「助けてもらってもいるし」って

自分を説得して相手を優先するのは、やっぱり自分を大切にはしていなかったのだなと思います。

大切にする順番は、自分、家族、まわりの人。

子どもよりも、自分。

どんなときでも、まずは自分でよくて。


人の都合もあるから「こうしてほしい」とお願いしたことを、すぐに相手がしてくれるとは限らないけど

だからって、自分が本当にやりたいことでないのなら、やらなくていいんですよね。

犠牲を選ばなくていい。


まわりがどうであれ「私はどうしたいか」

自分の本心を聴くほど、なんかよくわからないサポートが入ってくることがあります。

自分の代わりが見つかるとか、やらなくても大丈夫な状況になるとか、相手が変わり出すとか、よりベストな形ができるとか。

おもしろい世の中です、ほんと。



「まわりより自分を選ぶ」

それはもしかしたら、勇気がいることなのかもしれません。

「こんなに自由でいいのかな」とか「自分がやらなかったら誰がやってくれるのだろうか」「迷惑がかかるんじゃないか」とか

そんなことを思っちゃうと思うんです。

相手を大事にしたいからこその葛藤だけど

自分の思っていることが現実になっていくので

〝「こうしたい」を大事にするとうまくいく〟

そう思っていたら、自分の予想とはちがう、あたらしい展開がきっと待っていますよ♬



個別の相談



sora no niwa  まゆ